AC充電システム

AC充電ステーション(最大22kW)は、一般に「充電ポイント」と呼ばれ、自動車が普段停まる公共スペース(道路脇や駐車場)、半公共スペース(有料駐車場など)、私有スペースなどの場所で車両の充電を行うためのものです。

これらのシステムは、大多数のユーザーの基本的なニーズを満たすことができます。なぜなら、平均的な駐車時間の間に、1日の自律走行に必要な量を超える十分な電力を蓄電池に充電できるからです。

例えば、50kWhの蓄電池パックが搭載された車両は、ACシステム(22kW)を使えば、約2.5時間でフル充電できます。100kWhの蓄電池が搭載された車両は、約5時間でフル充電できます。

充電される実際の電力は、充電器の能力によって異なりますが、AC/DC変換を行い、今日の一般的な電気自動車に搭載されているリチウムイオン電池を充電します。

AC充電器の製品ラインは、充電モード3(ケースB)の電気自動車を充電することができます。

この製品には、2個のACソケット(タイプ2)が搭載されています。